6月の京都 サントリービール工場 京都ブルワリー 見学

  • 2019.06.24 Monday
  • 14:15

 京都での最終日、最終目的地はサントリー京都ブルワリー。ビール工場見学である。長岡京駅から無料シャトルバスが出ていて、およそ70分の工場見学・試飲である。事前にネットで予約したのは15時15分からのガイドツア。この時間しか空いていなかったので、少々帰りの新幹線時間を心配した。JR京都線で長岡京駅まで。初めての下車駅である。西口1番バス停で待っていたら、女子大生の一団がやってきた。???である。14時45分着のシャトルバスで向上へ。14時55分頃着いて、受付を済ませガイド嬢の説明を聞いて、工場見学へ。サントリーの水のこだわりがよく分かった。森は水を育てる。広葉樹の森であろう。

 ビール工場の見学は、横浜キリンビール生麦工場に次いで2回目だが、生麦工場で強調されていたのは「一回しぼり」ということだった。試飲でもただいただくのではなく、ビールをおいしく飲む方法など、そこで知ったビール知識があったが、京都では、工場を一通り見たら、後は試飲。プレミアムから始まって、香るエール、マスターズドリーム、の三杯の試飲をさせてくれ、神泡が強調されていた。さて、くだんの女子大生の一団は奈良女子大の食品加工専攻の学生だった。ひょっとして授業?いいですね。
 ここ京都ブルワリー工場の入り口脇に碑がある。なんとここは山崎の合戦で明智光秀が本陣を置いたところ。帰りは16時45分工場発の阪急西山天王山経由で長岡京駅行き。天王山なのであった。
 長岡京17時5分発に乗れて、京都発17時59分のひかりに乗車できた。
付記 キリン生麦工場で日本のビールにかけられた税金はドイツの20倍。米国の10倍。それで、ビールならぬ発泡酒を考案。金麦は爆発的に売れているとか。それで、また酒税改正の動き。許せないね。 ビールの話についてはこちらを→

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM